柴犬保存会秋田支部

縄文柴犬や縄文犬の呼称(犬種名ではありません)の天然記念物柴犬保存会籍の犬をご紹介しております。 賢さや鋭さ、野性味ある柴犬本来の姿や、日常の愛らしい姿を多くの方知って頂き、後世に引き継ぐお手伝いができればと思います。

DSC_2906
DSC_2995~2
あさか野銀 R1年8月16日生
相模の神風×相模の胡麻

昨年の福島展で脚光を浴びた黒ゴマの雄です。
飼い主さんは猟犬として飼育なされていますが、この犬を是非とも交配に使いたい、かっこいい黒ゴマを作りたいと、猟期終了後に照井会長の元へお預かりしてきました。
性格はとてもやさしく落ち着いておとなしく、オオカミの風貌からは思えぬ性格のよさだそうです。
10月の福島展では飼い主さんの元へ帰りますが、今後の秋田でのカッコいい柴犬の保存に活躍が期待されます。

コメントもお待ちしております。
仔犬の飼育にご興味のある方は、ご連絡ください🙇
http://www.akita-shibainu.net

DSC_2879~2
DSC_2883
光の紅千代 2023年11月16日生 
祥瑞の桜王×櫻の紅花

昨日の知ろちゃんとの姉妹犬になります。
展覧会前日のホテルの敷地内を、とても綺麗な子がお散歩していたところを見かけました。あらまあ~きなこちゃんじゃないですか~
私を思い出してくれたようで尻尾をフリフリ歓迎してくれました。
赤毛の母犬に良く似て、品のある顔貌にとても驚きました。やはり展覧会でも上位に入って来ましたね!
6か月過ぎたばかりで、まだ成長期でもありますので、更なる成長を楽しみにしています。


コメントもお待ちしております。
仔犬の飼育にご興味のある方は、ご連絡ください🙇
http://www.akita-shibainu.net

DSC_3040
DSC_3039
光知ろ千代 2023年11月16日生 
祥瑞の桜王×櫻の紅花

今回の展覧会で注目を浴びた1頭です。
綺麗な三角の奥目、ほとんど段差のない額段、バランスのとれた体型の6か月を過ぎたばかりの若犬の白毛の雌です。
この子の名前ですが、本来であれば「光の知ろ千代」と名付けたかったのですが、血統書は5文字と決まりがあるため「の」を取らざる負えませんでした。「知ろ」には、心に感じると言う意味がございます。ただの白ではなく、名前の如くご来場にくださった方々の心に感じて頂けたのではないでしょうか。
来年はどんな風に成長しているか楽しみです~


コメントもお待ちしております。
仔犬の飼育にご興味のある方は、ご連絡ください🙇
http://www.akita-shibainu.net

↑このページのトップヘ