柴犬保存会秋田支部

縄文柴犬や縄文犬の呼称(犬種名ではありません)の天然記念物柴犬保存会籍の犬をご紹介しております。 賢さや鋭さ、野性味ある柴犬本来の姿や、日常の愛らしい姿を多くの方知って頂き、後世に引き継ぐお手伝いができればと思います。

DSC_2851
DSC_3090
今回の展覧会では、「滝の紅中」を始めとし、長年に渡りご尽力頂いた方の功績を称えた受賞式もありました。

当会を代表する金章犬の表彰は雄部1頭・雌部2頭
この柴犬の保存に作出は欠せず、中でも岩手県から10頭もの出陳があり、多くの良犬の作出に貢献した種雄賞には「仙人翔平」岩手小柴荘犬舎が、作出賞は白郷犬舎となりました。
今後の作出にも期待される受賞がありました。

コメントもお待ちしております。
仔犬の飼育にご興味のある方は、ご連絡ください🙇
http://www.akita-shibainu.net

InCollage_20240530_070332488
InCollage_20240530_070503465
参考招待犬とは、柴保を審査委員が認定した当会を代表する犬であり、ご褒美の賞ではなく、証しとしての章で、金章犬となります。
今回は7頭の金章犬がそろい、照井会長から、その顔貌や体型、資質などについて解説がありました。
写真は上から「蔵王の竜丸」宮城勅使瓦犬舎「関門の熊王」関門犬舎
「幸慶の雅姫」こうじろう犬舎「櫻の紅花」村岡犬舎
他に昨年の秋田での展覧会で金章犬となり、今回の表紙を飾った「乙女の黒栄」「櫻のもみじ」「櫻の鈴姫」村岡犬舎がそろいました。


コメントもお待ちしております。
仔犬の飼育にご興味のある方は、ご連絡ください🙇
http://www.akita-shibainu.net

DSC_2868~2
DSC_2871
銀のカイ 2020年7月24日生 おぼない犬舎
羽城の輝月×小竹の桜姫

展覧会に出陳予定されていましたが、フェリーの時間の都合により出陳はされませんでしたが、会場にいらして下さいました。長年北海道犬を飼育され、カイ君と菊姫ちゃんを迎え作出もされているブリーダーさんでもいらっしゃいます。長旅でお疲れのところ大変ありがとうございました。
雄犬らいい顔貌とバランスのとれた体型は、管理の良さが伺われる良犬と成長をみせてくださいました。

コメントもお待ちしております。
仔犬の飼育にご興味のある方は、ご連絡ください🙇
http://www.akita-shibainu.net

↑このページのトップヘ