柴犬保存会秋田支部

縄文柴犬や縄文犬の呼称(犬種名ではありません)の天然記念物柴犬保存会籍の犬をご紹介しております。 賢さや鋭さ、野性味ある柴犬本来の姿や、日常の愛らしい姿を多くの方知って頂き、後世に引き継ぐお手伝いができればと思います。

2024年01月

1706420162958~2
InCollage_20240128_170714145
乙女の紅女 R5年8月3日生 村岡犬舎
波賀ノ紅継×櫻の鈴姫

秋田村岡から、11月の九州展で熊本の天明あおき犬舎に巣立ったリンちゃんです。
いつもリンちゃんどうしているかなぁ~と気になっておりましたが、元気な写真を送って頂きました。
リンちゃんは、お庭に植えてあるキンカンを丸呑みするそうです🤣
とても人見知りで、会いに行って頂いたご家族から逃げ回っていたそうです。🤣

まだ成長過程ですので、十分な栄養管理も必要になる時期ですので、今後の成長と、いずれ熊本での台雌としての活躍が期待されますね~
熊本での仲間づくりも楽しみに致しております🙏


コメントもお待ちしております。
仔犬の飼育にご興味のある方は、ご連絡ください🙇
http://www.akita-shibainu.net

InCollage_20240128_170555708
あおい黒熊
InCollage_20240128_170453820
あおい白熊
R5年12月19日生 天明あおき犬舎
乙女の銀河×あおい熊姫

黒柴雄、白柴雄の2頭です。
黒柴は飼い主さんが決まりましたが、白柴雄は飼い主さんを募集致しております。
秋田と熊本を繋ぐ子犬ちゃんです.
父犬は村岡から熊本に巣立った黒柴の「乙女の銀河」です。
2頭共に良いお顔してますね~
人気の黒柴と白柴です。白柴は、つぶらな目がなんとも言えない可愛さですよね~
素敵なご縁があるといいですね。
雪景色の秋田からすれば、熊本は春の様な暖かな陽射しに感じられます🤗


コメントもお待ちしております。
仔犬の飼育にご興味のある方は、ご連絡ください🙇
http://www.akita-shibainu.net

DSC_2001
InCollage_20240128_095951491
郷の山姫 2019年8月1日生
いるま黒龍×清正の咲

出産予定日は2月10日頃ではないでしょうか。
おっぱいも膨らみ、だいぶ丸みを帯びてきました。

出産の兆候をお聞きされる事がありますが、生まれる2週間程前になると、明らかに体型が変わってきます。
ただ生まれる前になると、よく以前ほど活発に動かなくなるなどと、聞く方もいらっしゃると思いますが、この柴犬は、生まれる前まで活発に、飛んだり跳ねたりします。
予定日が近づく頃には産床の準備をし、ここで安心して産んでね~と産床に慣れさせます。
コマちゃん〜
元気な赤ちゃん楽しみにしてますね〜


コメントもお待ちしております。
仔犬の飼育にご興味のある方は、ご連絡ください🙇
http://www.akita-shibainu.net

DSC_1669~2
DSC_1663~2
古寿の鉄 H29年8月25日
福藤の五輪×関門の熊女

柴保の柴犬は、野性味が強い事は言うまでもなく、シャイでシャープな柴犬てす。
人に慣れないのではなく、飼い主さん以外の方を侵入者と思うと言ったら良いのでしょうか。だからこそ番犬や猟犬として野性味を発揮します。
とても繊細で賢い柴犬ですし、希少価値のレアな柴犬です。
柴犬と言えば、目の丸いたぬき顔の日保の柴犬が支流ですが、柴保の柴犬は本物の柴犬と言っても過言ではないでしょうかね🤗


コメントもお待ちしております。
仔犬の飼育にご興味のある方は、ご連絡ください🙇
http://www.akita-shibainu.net

1706012468695
仙人福丸 R1年7月15日生 仙人荘
おおの大王×錦の紅姫

まぁんま粒付いてますよ~🤣
鹿角の福ちゃんです!

秋田支部では2月18日に、懇親会を予定しております。
長年支部長を務めてくださった高橋学さんが退任され、慰労を込めております🤗
参加される方は村岡までご連絡下さい🙇

そして鹿角では、毎年第三日曜日に小正月行事、土深井と言って、裸まいりがあるそうですよ!
飼い主さんから、こんな感じです😁と 
風呂入ってから沢の山水をかぶって神社を回ります😀 普通は肩から水をかぶりますが自分は頭からかぶります😁

同日、ABS秋田放送の夜6時からのニュースで様子が放映されるそうです。
こちらもお見逃しなく!

1706012475962~4
寒そうですね~
ちなみに口に咥えている紙は、悪霊の侵入を防ぐ為だそうです。
大切な神事ですよね~


コメントもお待ちしております。
仔犬の飼育にご興味のある方は、ご連絡ください🙇
http://www.akita-shibainu.n

↑このページのトップヘ