_20210205_141638
_20210205_141510
駒形の紅子 R2年11月6日生 駒津犬舎
紀叡太×駒の白姫

柴犬という犬は、驚くほど種々の異なった遺伝子を持っている。その素質を完成させる上に、特に幼犬期の飼育管理が大きく関わり合う犬なのです。
したがって身体の各部分(骨も)の均整度が極めて高い。つまり行動が機敏で自由自在な変化ができ、耐久力が強いようにできている。
人間の好みや特別な目的で作り上げた犬種とは根本的に相違があります。
柴犬という犬は、原始的で原種的な野生の獣に近い小さな肉食動物だということが柴犬についての柴保の根本的な考え方です。
        柴犬研究より抜粋



コメントもお待ちしております。
仔犬の飼育にご興味のある方は、ご連絡ください🙇
http://www.akita-shibainu.net/